ヘルニア・坐骨神経痛|宇都宮の元気グループ整骨院・整体

ヘルニア・坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 坐骨神経痛が治らない
  • 椎間板ヘルニアと診断された
  • お尻や脚が痺れる
  • 病院に行っても坐骨神経痛の症状が改善しない
  • ヘルニアで、手術を受けたくない

坐骨神経痛とその原因とは?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけてある「坐骨神経」が、圧迫や刺激されることによって生じる痛みや痺れ等の症状のことです。坐骨神経痛は中高年の方に多く、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足などに痛みや痺れ、締め付け感などの症状が表れます。

ここで注意していただきたいのは、坐骨神経痛は「病名」ではなく、あくまで「症状」のひとつであるということです。先ほど述べたように、坐骨神経が圧迫・刺激されることによって生じる痛みや痺れを坐骨神経痛と呼び、坐骨神経を圧迫・刺激する場所によって病名も異なります。例えば、背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板という軟骨がはみ出したり、飛び出したりすると、「椎間板ヘルニア」となり、この「椎間板ヘルニア」が坐骨神経痛の原因となります。

この場合、「椎間板ヘルニア」が病名で、「坐骨神経痛」が症状ということになります。つまり、坐骨神経痛を改善するためには、坐骨神経痛という症状を引き起こしている原因を特定する必要があります。

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアにかかる患者様は増加傾向にあり、特に20~40代の男性に多く発症します。椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が変形し、飛び出した状態を指します。神経が圧迫されることにより、腰痛や足の痛み、しびれ、さらに悪化した場合は、感覚が無くなったり、足が動かせなくなってしまうこともあります。

坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの施術について

坐骨神経痛を改善するためには、根本的な原因となっている神経の圧迫を解消する必要があります。坐骨神経痛を引き起こす共通の原因として、骨格や骨盤の歪みによって、体にとって負担が大きい姿勢で日常生活を送っていることが挙げられます。

つまり、坐骨神経痛を根本的に改善するためには、格と骨盤の歪みを取り除き、負担のかからない正しい姿勢を取り戻す必要があります。椎間板ヘルニアの場合も同様で、骨格と骨盤の歪みを取り除く必要があります。椎間板ヘルニアを治すためには手術が必要と考える患者様も多いですが、むしろ手術を受けて一時的に椎間板ヘルニアが治ったとしても、骨格と骨盤の歪みによる姿勢のズレを改善していかないと、再発する危険性が高いのです。

当院では、「骨盤矯正」「筋バランス調整」を行い、根本的に症状を改善させ、症状が再発しない身体作りを実現します。坐骨神経痛、椎間板ヘルニアでお悩みの方はぜひご相談ください!

坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの施術方法

坐骨神経痛、そして坐骨神経痛を引き起こす原因となる椎間板ヘルニアを根本的に改善するためには、骨格と骨盤の歪みによる姿勢のズレにアプローチする必要があります。当院では、患者様1人1人の症状の原因を見極め、根本的な原因である骨格と骨盤の歪みによる姿勢のズレに直接アプローチします。

具体的には、独自の施術法である、「骨盤矯正」「筋バランス調整」を行い、根本的に症状を改善させ、症状が再発しない身体作りを実現します。坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの症状でお悩みの方は、当院にご相談ください!